鵜の地 日立

日、立ちのぼる所で<うかる>

鵜匠がアユなどの川魚を獲るために訓練する鳥である「鵜」は、日本全国でここ日立でしか狩ることができないため、日立は「鵜を狩る場所」として有名です。国民宿舎「鵜の岬」には年間多くの観光客が訪れています。「鵜を狩る」=「う・か・る」で、試験にうかる、選挙にうかる、商売でもうかる、、、多くの<うかる>に御利益のある場所がここ日立なのです。

日立の鵜に関する見どころ、お店情報

鵜について

鵜はカラスのなかまです。 神様の道案内をするヤタガラスと同様に、神様に近いところにいるカラス、ウガラスです。