SPECIAL GUEST LIVE
SHINEHEAD
SHINEHEAD

ダンスホール・レゲエとヒップホップを折衷させたスタイルの先駆者
スティング(Sting)の大ヒット曲『English man in newyork』のレゲエバージョンとして知られる『Jamaican in newyork 』を大ヒットさせたARTISTダンスホールのスタイルからスムースなラップ、そしてスウィートなラヴァーズ・チューン、 はたまた口笛!?までと、、、
ある意味モノマネ?!を、それ以上の味付けで自分のスタイルとしてこなしてしまう オリジナルジャマイカン!!そのスキルとセンスは唯一無二!脱帽!
88年のメジャー・デビュー・アルバム『ユニティ』ではジャマイカのプロデューサーに加え、 HIPHOP界の伝説 RUN・D.M.C.の故ジャム・マスター・ジェイ氏らも参加し アルバム全体を通しラップに近いスタイルにうまくラガマフィンと融合させた軽快なノリのHIPHOP色の強いアルバムとして 話題になった。
此処のところ定期的に作品が届けられる事の無くなってしまっていたが、09年自身のレーベル[AFRICAN LOVE]よりBilly Jean -ReprimandなどHIT曲をリプレス。
昨年末のJAPAN TOURでは5ヵ都市を巡演、熱狂的なライブを展開。後世に残る数々の名作ももちろんの事、エネルギッシュなライブはぜひ生でクラって下さい。

DAWN PENN
DAWN PENN

1960年代のrocksteady時代からキャリアをスタートし、今なおREGGAEを代表する シンガーの女王ドーン・ペン
大ヒット・カヴァー曲! 『You Don‘t Love Me (No, No, No)』は一度聴いたら忘れられない印象的な楽曲!
抜群な歌唱力からのLIVEではUKラバーズの神髄が見えるはず


LIVE  
HIBIKILLA
HIBIKILLA

1980年北海道生まれ。1997年札幌でレゲエDJとしての活動を開始。
1998年よりBambuらとサウンドAcrobatic Crewを結成。
2001年、横浜Ex Bodegaで開催されたDJクラッシュイベント「登竜門」にて準優勝。
2004年、Dr. Productionより7inchシングル「百烈拳」を発表。同作はCisco Recordsレゲエチャート1位など複数のチャートで上位を記録し、 以後アナログ盤が3度再発されるアンダーグラウンドヒットとなった。
2005年、楽曲「やりたいほうだい」が株式会社ドワンゴ「いろメロミックス」のCMソングに採用される。
2006年、Zeebraのアルバム『The New Beginning』に参加。さらにファーストアルバム『NO PROBLEM』を発表。同作は『MusicMagazine』誌「Best Reggae Album in Japan 2006」第4位、『RIDDIM』誌「Riddim Award 2006」ノミネート、『Rove』誌「2000年代を代表する1枚」に選ばれる。
2007年セカンドアルバム『濃厚民族』をリリース。同年7〜8月期にはFM North Wave、Cross FMにてラジオ番組『Music Batton- 電波濃厚』のパーソナリティを務めた。 翌2008年にはプロデューサーとしてミックスCD『SASASA CLUB DUB MIX Vol. 1』を制作・発表。
2009年1月にはシングル『ヤーマン』を、7月には2年ぶり3作目のアルバム『Be Free』を発表。
2010年2月、Dr. Production feat. Hibikilla名義のミニアルバム『LIFE』を発売。
収録曲「LIFE」はTV東京系列TV番組『モヤモヤさま〜ず2』のエンディングテーマとなる。 2010年末、新アルバムリリース予定!

J-REXXX
J-REXXX

「第一回RAGGA CUP」「YA-LOW CUP」「BOMBOCLATE NIGHT DEEJAY CLASH」での優勝や、数々のDEEJAYバトル、2008年、2009年ROAD TOレゲエ祭での激闘でご存知の方も多いように、CLASHでの勝負強さ、機転の速さは、折り紙付き。
「MY LIFE」「アマチャンキラー」等に代表される、感情溢れる超が付く程、ストレートなリリックや、LIVEでの喜怒哀楽を全身で表現する熱演ぶりも印象的だが、その一方で、RUB-A-DUBでの、マイクロフォンセンターの技術の高さにも定評があり小箱からビッグフェスまで、関東の現場で彼のマイクさばきを見た事が無い人はいないのではないか?と思うくらいの存在感と出現率を誇る。その場の状況を迅速且つ、独特な言い回しで歌ってしまう即興(言わばフリースタイル)の技術の高さと、本人が「数回、聴けば覚えられる」と語るように、他の歌い手の曲を瞬間的に覚える人並み外れた特技を生かしサッカーのMFのスルーパス、はたまた、バレーボールのセッターのトスのように、手元・足元に言葉を継ぐ様は、芸術的ですらあり、観客の目を意識しながら話題や流れを変える視野の広さや判断力、言葉選びを見れば「RUB-A-DUB=マイクリレー」という概念は消え、RUB-A-DUBという真のエンターテイメントを体感出来るだろう。

そんな起爆剤と接着剤の効果を兼ね備えた"明日の為に打ち込む" J-REXXXの今後の楽曲、行動から目が離せない。YouTubeじゃ分からない現場を見逃すな!

RAGGA-G
RAGGA-G

1990年前半、都内CLUBを中心にReggae Deejayの活動を開始。
V.I.P Internationalのコンピレーション・アルバムへの参加をキッカケに全国区へ活動の場を広げる。数々のレゲエ・コンピレーション参加やHIP HOPアーティストなどとの共演などを経て、2004年 CRYSTAL MOVEMENTのメンバーとしてDEF JAM JAPAN --UNIVERSAL--よりメジャー・デビュー!! 歌とラップを共にこなす独特なシングジェイ・スタイル!!、ライムフロウと味のあるリリックスが定評で各地に根強いファンを持つ人気レゲエアーティスト。
近年はレゲエダンスホールだけでは飽き足らずHIP-HOP UNIT THIRD EYEを結成、
さらに2010年ソロALBUMを製作中さまざまな活動を経て進化し続けるSTYLEに今後も注目である。 昨年同様、今年も同じレーベルのROUGHと共にNaturally.K参戦!

MYSPACE : http://www.myspace.com/raggagweb
BLOG: http://ameblo.jp/ragga-g/

G-SPICE
G-SPICE

中学生あたりからからREGGAEを聞き、平成10年から歌い始める。やがて茨城県内で活動し様々なCD、MIXCDに参加し自らもCDをリリース。現在ではCLUB、レーベル立ち上げ、茨城REGGAEを盛り上げてます。

Coba-U
Coba-U

暗黒の宇宙からやってきたCoba-U 菌と一緒に暮らすキュートでヒールな女の娘。Coba-U 菌への感染をきっかけに“ レゲエ・ドール” として歌い始める。現在、下北沢をベースにCLUB、ライブハウス、イベント、野外フェス、幼稚園、介護施設などに出没してミルキー・ヴォイスを披露。
摩訶不思議な魅力で感染者を増殖させる人気急上昇中のアーティスト。
2008 年4 月2 日REGGAE DISCO ROCKERS のコンピレーション『Beautiful Girls』にだた一人新人で収録され話題になる。7 月1 日「砂に消えた涙/サタデー・ナイト」で正式デビュー。10 月のUSEN マンスリー・インディーズ・チャートで1 位を獲得。11 月19 日にリリースされたセカンド・シングル「SNOWMAN」はiTunes Storeレゲエ・シングル・チャートのトップに輝き同時にリリースされたアナログ盤も好セールスを記録。
2009 年6 月3 日ファースト・アルバム『童謡レゲエ』を発売。
先行配信したiTunes Store レゲエ・アルバム・チャートで堂々1 位となりアナログ盤も即完売。11 月25 日には急遽『レゲエ X'mas』もリリース。レゲエ・ファン以外からも注目を集める。そして2010 年7 月7 日待望のセカンド・アルバム『童謡レゲエU』が発表される。好物はユニーク雑貨&落書き。
毎日更新されるCoba-U 菌ワールド満載のブログやツィッターも好評でここでの感染者も拡大している。 合言葉は「がぉ。」
Coba-U blog : www.bahamasrecords.com/blog/coba-u
Coba-U twitter : http://twitter.com/CobaUkin


MC

Ricky a.k.a Rico
SHINEHEAD

本名:Devon Ricardo Washington Whittaker
KingstonのPapine地区"Kentyre"で生まれ育つ。(この"Kentyre"はGhettoエリアの1つですが、多くのレゲエ・アーティスト Capleton、Simpleton、Roundhead、Assassin、Sister Nancy、Brigadier Jerry...他が、この地で生まれ育っています。)ジャマイカの首都キングストンの老舗レコード店『AQUARIUS』でDJ+販売員として活躍。自ら持つアーティストや音楽関係者とのブレーンを活かし、日本のReggaeビジネス関係者らとのパイプ役として力を発揮する。
後の1992年に来日し、東京の老舗レゲエクラブ「Club Jamaica」を拠点に、当時日本最大のサウンドシステム“X-Stacy”のセレクター+MCとして活動を始動。来日後勢いを上げその活動幅を広げていく。
日本で開催のSun Fest’94やJapan Splash ‘95などに“X-Stacy”として参加したり、大阪最大のReggaeクラブ「Juggling City」でのセレクターとして活動も始め、東京、大阪を行き来しながら、本格的に2大都市に本拠地を拡げていった。
日本テレビのCM"日テレちゃん"から結成された「Maximum`s」のCD制作にもDJとして参加。(タイトル:日テレちゃんパワー)Japan Splash‘97では“Maximum`s”と共演出演を果たす。
98年には自身でレコード輸入配給会社(有)リコ・インターナショナルを設立。
全国のレコード店へジャマイカ等から輸入したレコードを販売する傍ら、98年より大型クラブイベント『MENTAL』を開催、WAYNE MARSHALL,BURRO ANTON,STONE LOVE,MASSIVE B 等参加)さらに近年はSHIBUYA-FM " LEGAL PIRATES "、INTER FM"SMILE JAMAICA"でレギュラーセレクターを担当。(本場ジャマイカのMCスタイルに軽い日本語を混ぜてのオリジナリティー溢れる熱いMCで活躍) 又、日本のレゲエファンにジャマイカンレゲエやジャマイカについてもっと知ってもらいたい!との想いから、「JAMAICAN REGGAE LYRIC'S」(リリック本)を出版し好評を得たり,iTunes Storeにて発売中のデジタルコンピレーション「RICKY SELECTION」を発売したりと現在もレゲエシーンの発展・定着に尽力中。


SOUND
ANTHONY GATLIN
SHINEHEAD

ジャマイカのモンテゴベイ出身。2001年に来日。
2004年から2010年3月までCLUB JAMAICA CREW のメンバーとして活動。
現在セレクター兼MCとして、東京を中心に全国でANTHONY GATLIN SOUNDとして奮闘中。DANCE-HALLからHARDCORE-REGGAEまでと幅広いセレクションと、ジャマイカンながら日本人アーティストのDUB PLATEを取り入れるなどのオリジナルなサウンドスタイル!
パトワと日本語をまじえたMCでJAMAICAN REGGAEの歌の意味を日本語で説明したりもする昨年2009年はPINCHERS,FLOURGON,SHINEHEADといったBIG ARTISTの招聘企画でも好評に得た、現在ヤバイDUBPLATE MIXを製作中!
SOUNDCLASHのオファーも下さい http://myspace.com/anthonygatlinsound

RUN UP STAR
DAWN PENN 1998年茨城にて結成。
2005年にサウンドシステムを完成させ、2008年にACROBATICで活動していたメンバーが加入し現在に至る。
トレンドとなるダンスホールからファンデーションまで幅広い選曲と曲のメッセージを意識したプレイで茨城を中心に都内でも活動中。レギュラーダンスは第三土曜の新宿ガラムROCK AWAY。 茨城県内不定期CANDY GRABBER。
RICKY-YAAM from TWIN-B
Yaam

東京・茨城を拠点とし、SKA、ROCK STEADYを中心に
FOUNDATION〜DANCE HALLまで幅広いSELECT・クオリティの高いDUB、JAMAICAN MUSICをこよなく愛するBADMAN SOUND、the REAL DEALER TWIN-Bに所属


DANCE
GANA GANA
GANA GANA

氏名;GANA GANA(Damian Anthony Young)
出身地; Jamaica (Port Antonio)
職業; ダンサー、ダンスインストラクター、DJ(ヒップホップやレゲエその他ハウスミュージック等)、モデル、パトワ語教師
経歴;2001年 ダンサーとしての才能も開花させる
2002年 ジャマイカ ジャークフェスティバル(ジャマイカでもっとも大きなステージの一つ)ステージでゲストダンサーとしてパフォーマンス開始。その後毎年のステージにゲストダンサーとして出演
2003年 JCDCのタレントコンテストにダンスの部で個人として参加。 ポートランド州 優勝。ジャマイカ全土本選 3位
2003年 ジャマイカ内のコレオグラファー、インストラクターとして小学校などの各種学校やダンススクールさまざまなグループへの指導を継続
2004年 アメリカの有名雑誌『Black girls rule』に掲載される
2007年 東京代々木公園で行われているone love festivalにてゲストダンサー出演
2008年 3月 イギリスのブリスタル(3日)とバーミンガム(4日)の2都市で
ベストダンサー賞 受賞
2009年 ジャマイカのダンスTVプログラム『イン・ザ・ダンス』出演
2009年 11月 イタリアツアー
2009年 11月26日 東京にて開催されたダンスホールキングコンテストにてゲストパフォーマンス
2009年 12月09日 NYのラジオステーション『Full Effect Radio』
2009年 12月28日 ダンスホールクイーンコンテストにてゲストパフォーマンス
2010年 4月より 東京でのワークショップをスタート
2010年 東京代々木公園で行われているone love festivalにてゲストダンサー出演

茨城CHING-CHING'S
CHING-CHING'S

IRIESSH/PINKY-B/LUVRISHで結成されたSpecial Unit ”茨城Ching-Ching's”!!!!
それぞれの活動を経て、結成以来各地の現場を盛り上げている。
Dance StyleはSEXYかつMADでBADなShowを繰り広げる。そしてShowだけでなくFloor Dancerとしても活躍している。今回はメンバーのEIJUがロス留学の為一時抜け、新たにYUKI,MAMIKO、HITOMIの3人で1年ぶりの再結成!!



BAND
ALPS BAND  
ALPS BAND

2005年頃活動開始、毎年恒例となる8/8に88祭を主催。
関東のDANCEを中心に2007年には埼玉MAXIMUM主催high grade dealer、2008年にはDOWN TOWN MOVEMENT 2K8,卍LINE FIRST ALBUM RELEASE TOUR FINAL、2009年にはSOUL REBEL,2010年にはAKANEワンマンLive、またJAMAICANもFRANKIE PAUL,L.U.S.Tの日本公演BACK BANDをこなす
またReggaeに限らずHipHopのアーティストとの交流もあり、Zeebra,K-DUB SHINE,TWIGY,般若、Dabo、Deli,Mackachin,練馬ザ・ファッカー、t-Ace等、様々なsinger,deejay,rapperのBACKING BANDとして活躍中。
ALPS BANDとして楽曲提供も行う傍らBASS大仏はOVERHEAT STUDIOのENGINEERとして数多くの作品に携わり、PUSHIMへの楽曲提供等もおこなう。DRUM正村和也は2008年RUEEDのFIRST ALBUM"New Foundation"をproduce、他にも様々なDEEJAY SINGERに楽曲提供。KEYBOAD MAYUMIも様々な楽曲に参加し、他のLIVEでもサポートKEYBOADとして参加するなどメンバー個々での動きも活発な新進気鋭のDANCEHALL REGGAE BAND。


HULA
PUMEHANA HULA STUDIO